中北研について

研究室の概要



京都大学防災研究所 気象・水象研究部門 水文気象災害研究分野(中北研究室)です。

 本研究室は、2004年10月に工学研究科都市環境工学専攻から中北英一教授が着任し、水文気象工学の確立を目指して、鋭意、基礎研究並びに実践研究を進めています。ええ?土木工学の中で気象の研究ができるの?環境の研究ができるの?、と思う人は、気象庁に就職する卒業生もいるそのユニークさをぜひ吟味ください。
 防災研究所の中では気象・水象災害研究部門に所属しており、他の研究分野との融合・連携を図り、研究を充実させています。なお、本研究室は、京都大学大学院 工学研究科 社会基盤工学専攻 防災工学講座 水文気象工学分野の顔も持ち合わせています。



中北先生がアルファステーション(ラジオ)に出演され、
研究への思いや最新の研究についてトークされています。
2013年11/20放送分 Kyoto University Academic Talk


連絡先

所在地

〒611-0011
京都府 宇治市 五ヶ庄
京都大学 防災研究所
気象・水象災害研究部門 水文気象災害研究分野

電話

 研究室代表:0774-38-4265 (辻 秘書)

アクセス


中北研 - JR「黄檗」駅、もしくは京阪電車「黄檗」駅が最寄りの駅です。
正門 - 徒歩の方はこちらから
南門 - お車の方はこちらから


防災研から研究室までの道順

画像の説明

画像の説明

画像の説明



研究環境

個人の環境

 学生皆に、個人占有の机とイスが割り当てられます。さらに、サイドデスクにデスクトップマシンが1台ずつ割り当てられます。プリンタやコピー機などもいつでも利用できます。また、ソファーベッドが3つあり、修論・卒論時期には活躍しています。

計算機

 研究室共有の計算機として、現在主に3台が稼働しています。

  • radar5: opteron*4cpu, 32GBメモリ
  • radar6: opteron*8cpu, 32GBメモリ
  • radar7: "xeon(quadcore)*2cpu, 24GBメモリ"×8台のクラスタ
  • radar8: "xeon(quadcore)*2cpu, 24GBメモリ"×8台のクラスタ

蔵書

 宇治地区の図書館がいつでも利用できます。研究室にも主要関連論文・雑誌や図書が保管されています。特に、中北教授室には最新の図書が多くそろっています。



主な年中行事

4月

  • 4回生配属
  • 新歓コンパ(研究室、水文グループ)

5月

  • 土木学会関西支部
  • 気象学会春季
  • 沖縄観測

6月

  • 土木野球大会
  • 沖縄観測

7月

  • 部門懇親会(間瀬研や建築および地球惑星専攻系の研究室と実施。間瀬研は良いよ。←森先生直筆の宣伝)

8月

  • 大学院入試
  • 水文・水資源学会
  • AOGS(Asia Oceania Geosciences Society)

9月

  • 防災研ソフトボール大会
  • 土木学会全国大会

10月

  • 気象学会秋季

11月

  • アクトパル合宿ゼミ
  • 防災研ボウリング大会

12月

  • 忘年会(研究室、水文グループ)
  • 大掃除

1月

  • 新年会

2月

  • 卒論発表会
  • 修論公聴会
  • 防災研究所講演発表会

3月

  • 水工学講演会
  • 追い出しコンパ(研究室、水文グループ)
  • 追い出し調査旅行
  • 卒業式・修了式

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional